酵素ドリンクの成分

酵素ドリンクは、様々なメーカーから多種多様なものが販売されております。
ここでは自分にあった酵素ドリンクを選ぶ際に重要な成分について説明します。

 

酵素ドリンクの主な原料は野菜、果物、野草、海藻です。
熟成期間は様々ですが、これらの原料を発酵熟成させて酵素を作りだしてします。

 

つまり、酵素ドリンクはすでに発酵しているため腐りません。
そのため、保存料を入れる必要はなく、また安息香酸ナトリウムなどの合成保存料やスクラロースといった甘味料などの食品添加物も入れる必要がありません。

 

せっかく免疫力を高めることができるとうたっているのに、酵素ドリンクに添加物が入っていたら元も子もありません。
こういった成分を含んでいる食品は酵素の消化活動を抑制してしまうため、酵素を選ぶに成分表はしっかりとチェックするようにしましょう。

 

逆に、ブドウ糖は必須不可欠な成分です。
果物に含まれているため、ほとんどの酵素ドリンクに含まれていると思いますが、ブドウ糖は身体を動かすエネルギーを作り出す重要な役割を果たします。
ブドウ糖が低下すると、思考力は鈍くなり集中力が欠如してしまいます。
疲労回復やストレス軽減も期待できるため、このブドウ糖はダイエット中の酵素ドリンクの成分としては必須でしょう。

 

品質や成分を把握するためには、ホームページ等で調べることをお勧めします。
残留農薬検査なども行っているところもあるので、チェックすることが大切です。