人間に必要不可欠な酵素

酵素とは、食物を消化分解し、呼吸や運動、思考などを左右する生命活動において重要な栄養素です。
現在発見されている酵素は4000種類もあり、人間の体内には約2400種もの酵素が存在していると言われています。

 

酵素には「体内酵素」と「食物酵素」の2つの種類があります。
ここでは、この2つの酵素について詳しく説明します。

 

まず「体内酵素」ですが、これは消化酵素と代謝酵素があります。
消化酵素は消化器官内で分泌され、食べ物を消化を助ける酵素で、唾液などの消化液に含まれています。
腸内にいる微生物もこの消化酵素を作りだしています。

 

代謝酵素は心臓や肺などの体内器官を正常に機能させる酵素です。
細胞の再生や分裂、呼吸運動、自己治癒力の維持など生命活動に関わる必要不可欠な酵素です。
さらに、代謝酵素はダイエットや健康増進の役割も担っています。

 

次に「食物酵素」ですが、これは食品に含まれている酵素です。
生野菜や果物、味噌や納豆などの発酵食品に含まれております。
体内に摂取することで、消化酵素と同じ働きをします。

 

このように、命あるところには必ず酵素が存在しており、人間は酵素がなければ生きていけないといっても過言ではありません。
しかし、最近の研究にて人間は限られた量しか酵素を生成できないという事がわかりました。
そのため、飲むだけで酵素を補える酵素液ドリンクが注目を集めており、ダイエットや免疫力を高めたい人が活用しています。